【保存版】インフルエンザ関連銘柄投資法 夏に買って冬に売る効果は絶大だった

こんにちは。セミリタイア投資家ののぶた(@nobuta_retire)です。投資歴は10年以上です。

今年は新型コロナウイルス一色で、インフルエンザ関連のニュースはすっかりなりを潜めていますね。

例年であればインフルエンザ関連株が注目を浴びているところです。

毎年、関連銘柄が上がってるのを指をくわえて見ている私ですが、ふと気づきました。

夏の間にインフルエンザ銘柄を仕込んでおいて、冬に売ればめっちゃ儲かるんじゃね?

今回は、夏の間にインフルエンザ銘柄を仕込んでおくと、果たして儲かるかについて検証していきたいと思います。

インフルエンザの先回り投資法

インフルエンザ患者数

画像引用元:朝日新聞デジタル

優待先回り投資法の応用で、機械的にインフルエンザの発生前の夏に買って冬に売るというのを、過去10年間繰り返した場合にどうなっていたかをシミュレーションしてみました。

優待先回り投資法【保存版】優待先回り投資とは?〇か月前に買うだけで年利20%の結果に!!【驚愕の有効性】

補足説明

  • インフルエンザ関連銘柄は、「株探」のインフルエンザ関連銘柄99銘柄で検証しています。
  • 99銘柄すべて買い付けます。
  • 1銘柄50万円までとします。

インフルエンザ関連株 8月に買って2月に売った場合

トレード数 勝ち数 負け数 勝率 期待値 総損益
941 610 331 64.82% 10.34% 4378万円

インフルエンザ検証<

おお、めっちゃ儲かってるじゃないですか!!

年によって不発に終わったりもしていますが、おおむね儲かり続けていることがわかります。

インフルエンザ関連株 8月に買って12月に売った場合

ちなみに本当の先回りならば、ピーク前の12月に売るべきですので、ちょっと検証してみます。

トレード数 勝ち数 負け数 勝率 期待値 総損益
941 546 395 58% 4.35% 1821万円

ありゃ、儲かってはいますが、利益が半分以下になっちゃいましたね。

やはり1月の大相場は期待値の塊のようです。

スポンサーリンク

まとめ

  • インフルエンザ先回り投資法の有効性は間違いない!!
  • ピークの1月はホールドしておくべき

いかがでしたか?皆様の投資の参考にしていただければ幸いです。

因みに当サイトのトレードの検証にはシステムトレードソフトを使用しています。非常に便利ですので、投資家ならば持っておくことをおすすめします。

システムトレードソフト イザナミ

システムトレードソフトの各社検討記事はこちら

システムトレード【2020年】凡人が株で億り人になる方法は?【システムトレード編】

 

スポンサーリンク

先回り投資を始めたいけど、証券会社はどれがいいの?

手数料の安いネット証券がおすすめです。

※ネット証券は、手数料の変化が著しいので、常にチェックしていく必要があります。当サイトはその動きを注視して随時更新していきます!!

ライブスター証券2019年12月に信用手数料無料化を発表したことを受けて、各社も次々と新しい手数料を発表!!手数料の値下げ戦争が勃発しています!!

【2020年】手数料無料!!本当にお得な証券会社ランキング!!【各社比較】