【2020年】凡人が株で億り人になる方法は?【システムトレード編】

こんにちは。セミリタイア投資家ののぶた(@nobuta_retire)です。投資歴は10年以上です。

さて、前回、億り人になるための考え方として、「再現性」が大事だという話をしました。

また、「再現性」を持たせるには、具体的に、

  1. 手法がシンプルで明確である
  2. 数十回でも数百回でも同じ手法を繰り返せる
  3. データで示すことができる

が必要だと言いました。そして再現性のある投資の一例として優待先回り投資法をご紹介しました。

優待先回り投資法【2020年】凡人が株で億り人になる方法は?【優待先回り投資法編】
今回は後編です。

「再現性」が大事だという話をしました。自分の大切な資産を投資するんですから、「再現性」がある投資法にしたいものです。

しかしここで問題があります。

世の中の投資法のほとんどは、これらの「再現性」が担保されていません。

都合のいいチャートを一つだけ引用して、「儲かる」と言ってたりします。

その方法を繰り返した時、合計でめっちゃ損してるかもしれません。

そもそも、儲かる話を人に教えるはずがありません。

本当に儲かるなら自分でやればいいのですから。

要するに儲かる手法は、自分で編み出すしかないのです。

それができないからここに来てるんじゃない!!

いいから儲かる方法を教えてよ!!

儲かる手法自体は皆さんに編み出してもらう必要がありますが、儲かる手法の「編み出し方」は教えられます。

凡人でも億トレになれる方法は、ズバリ「システムトレード」です。

システムトレードとは?

シストレ(システムトレード)とは、“あらかじめ決めておいたルールに従って継続的・機械的にトレードする投資法”です。海外では有効な投資スタイルの1つとして幅広く使用されており、ここ日本でも多くの一流のトレーダー達が、シストレを使っています。

引用元:ひまわり証券

システムトレードは、前編で示した再現性の3か条すべてを満たす素晴らしい投資法だと僕は思っています。

手法がシンプルで明確である

機械的にトレードするためには、すべての条件を定義する必要があります。「暴落した」という言葉を、数字に置き換えるのです。

「一日で10%下げたのが暴落」と定義すれば、9.9%の下げは暴落ではありません。この明確さが再現性につながるのです。

また、よく言われることですが、戦略はシンプルが良いです。いろいろと条件を複雑にすると、カーブフィッティングの危険性が高まります。

数十回でも数百回でも同じ手法を繰り返せる

「継続的・機械的にトレード」しますので、繰り返せば繰り返すほど運の要素が排除されます。

データで示すことができる

バックテスト(検証データ)をデータで客観的に検証することができます。

システムトレードのやり方

step1
検証環境を整える
システムトレードソフトのダウンロード(プログラミングスキルのある方は必ずしも必要ではありません。)
step2
検証する
様々なアイディアを定義し、バックテストで検証します。納得のいったものを自分のストラテジー(戦略)として採用します。
step3
実践投入
採用したストラテジーをいよいよ実践で使う

システムトレードのメリット

バックテストによって、戦略の優位性を確かめることができます。その戦略が過去において機能していたかを調べることができ、歴史に学ぶことができます。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といいますが、凡人がいきなり賢者にクラスチェンジできるのですから、システムトレードは超強力な味方です。

システムトレードは、バックテストによって戦略の優位性を判定できますが、バックテストを重ねてたどり着いたストラテジーは、自分だけのものになります。オリジナリティがあるということは、戦略の寿命を長くします。

数百、数千のトレードをバックテストで確かめて、戦略の再現性を高めることができます(重要)。

システムトレードのデメリット

だいたい人間の本能と逆を行くことがエッジ(優位性)につながるので、ポジションは精神的につらいものになります

特に、株価が下げ始めたときに投げたくなる本能は強いです。そこへきてさらに暴落したりするので、吐きそうになります。

バックテストは「歴史に学ぶ」ことができますが、「未来まで支配」することはできません。バックテストが優秀だと、聖杯を見つけたような錯覚に陥ります。しかし過度の期待は禁物です。

スポンサーリンク

システムトレードのソフトは、どんなのがあるの?

プログラミング能力が無い人は、市販のソフトを用意する必要があります。

日本株システムトレードで有名なソフトは

  • イザナミ
  • シストレ魂
  • システムトレードの達人

くらいです。ほかのソフトは、銘柄ごとのバックテストはできますが(特に海外のソフト)、資金量を考慮した現実的なバックテスト(重要)ができるのはこの3つになります。

イザナミ

イザナミ株

画像引用元:イザナミ

一番多くの人が利用しているソフトでしょう。

「パレットアルゴ」という登録商標のインターフェイスで、視覚的にもわかりやすく操作できるのが一番の特徴です。

更新頻度も一番活発です。3つの中からどれか一つ選ぶとなれば、このソフトでしょう。

公式ページはちょっと煽りが多くて詐欺サイトっぽいのがセンス無いです。

ソフト自体は良いです。トライアル版は無料です。

システムトレードソフト イザナミ

シストレ魂

シストレ魂

画像引用元:シストレ魂

シストレ魂は、10年くらい昔は「パイロン」という名のソフトで、後に改名しています。

当時システムトレード業界は、「検証くん」というソフトが先にあって(今は手に入らない)、その後に出てきたソフトだったと記憶しています。イザナミより先にリリースされているはずです。

「自動発注機能」や、いち早く資金量を考慮したバックテストができるようになったりと、当時から私は一番愛用しているソフトでした。

しかし開発者と運営会社が変わってしまい、それ以降一年以上全く更新されていません今後の更新も期待できないでしょう。好きなソフトだったのに残念です。

ウィンドウズのアップデートとかで死ぬ可能性があるので、今から購入するのは正直やめたほうが良いです。

株システムトレードソフト シストレ魂

システムトレードの達人

システムトレードの達人

画像引用元:システムトレードの達人

システムトレードの達人は、シストレ業界では有名な斉藤正章氏が手掛けるソフトです。

3つのソフトの中では一番後発ですが、機能的には一番劣るので、斎藤氏のファンとかでなければ、わざわざ買う必要はないでしょう。

システムトレード検証ソフト システムトレードの達人

 

プログラミング能力があるのなら、大枚をはたいてソフトを買うことはありません!

この辺の本でもとりあえず読んでおけば、自力で検証することができるでしょう。
スポンサーリンク

システムトレードを始めたいけど、証券会社はどれがいいの?

手数料の安いネット証券がおすすめです。

※ネット証券は、手数料の変化が著しいので、常にチェックしていく必要があります。当サイトはその動きを注視して随時更新していきます!!

ライブスター証券2019年12月に信用手数料無料化を発表したことを受けて、各社も次々と新しい手数料を発表!!手数料の値下げ戦争が勃発しています!! 【2020年】手数料無料!!本当にお得な証券会社ランキング!!【各社比較】