【セミリタイアブログ】セミリタイアの失敗例は? 失敗すると戻れない? 経験者が全て答えます!

こんにちは。セミリタイア投資家ののぶたです。セミリタイア生活8年目です。

今回は、皆さん気になるセミリタイアに失敗する原因と、そこから復帰できるのかを考えたいと思います。

セミリタイア生活に憧れるけど、もし失敗したらどうしよう・・・?

失敗したら、もう死ぬしかないんでしょ?

という人におすすめの内容となっています。

セミリタイアに失敗する原因は?

いざセミリタイア生活を始めても、失敗してしまうこともあり得ます。どんな理由があるでしょうか?

資産運用に失敗する

セミリタイアに失敗するといえば、これでしょう。

日本でも、アベノミクス以降新興市場が強く、はっきり言って株を買ってさえいれば誰でも儲かるような相場が数年続いていました。

あまりに上昇相場が長く続いたため、直近になって投資を始めた人は上昇相場しか知りません。

自分が儲かっているのは相場のおかげだということに気づかず、投資能力を過信してセミリタイアに臨んだ人もいたのではないでしょうか。

しかし2018年になり相場が急変。TOPIXは20%近くも下がり、退場を余儀なくされた人もいると聞きます。

そもそも貯金がないのに始めてしまう

セミリタイア生活というのは、自分が望んでそうなった人ばかりではありません。

私のように、底辺サラリーマンで人権を無視された扱いを受け、十分な貯金を蓄えるまえに、身も心もボロボロになって逃げだした人もいます。

そうなってしまうと、もう2度と正社員になる気力はありません。

圧倒的に足りない資金でも、何とか食いつないでいくしかないのです。

また、特に深く考えずに会社を辞めてしまった人もいるでしょう。

スポンサーリンク

失敗しないためのセミリタイア生活の心構え

セミリタイア生活を送るうえで、よくある質問をまとめてみました。

貯金はいくら用意すればいい?

当サイトでは、贅沢をせず最低限の生活を送るためには以下の金額を提案しています。

健康で文化的な人生のためのセミリタイア資金

単身者: 3,000万円

2人以上世帯: 7,000万円

毎月の生活費と、貯金を逃げ切り計算機や、みらい電卓に打ち込んで、「自分はもっと貯金が少なくてもいけるかなぁ」とか妄想してるそこのあなた!

逃げ切り計算機やみらい電卓で必要とされた金額の、1.5倍を用意してください。

なぜ、1.5倍の資金が必要なのか、詳しく解説した記事はこちら
セミリタイアに必要な資産は【保存版】セミリタイアするのに貯金はいくら必要か?経験者が論争に決着をつけるよ

住居はどうする?

セミリタイア生活において最も重要なことは何だと思いますか?それは、出費を抑えることです。

儲けようとして収入を上げることばかりを考える前に、とにかく出費を抑えて投資金額を確保するべきです。

出費金額を抑える効果が最も高いのは住居費です。実家に住めるのであればそれが一番いいですし、賃貸住宅も民間のものばかりでなく、公営住宅を視野に入れるのも良いでしょう。

セミリタイアしてしまうと住居の審査に通りにくくなってしまうのでは?

私も一度セミリタイアしてしまうと2度と引っ越せないと思っていましたが、ライフスタイルが多様化した現在では、セミリタイア生活者でも引っ越すことは容易です。

UR都市機構は家賃の100倍の見せ金があれば住めますし、民間の賃貸物件も保証会社を利用すれば特に問題ありません。

私の場合、過去5年の年間取引報告書を印刷して、不動産屋で交渉して民間の賃貸に引っ越したこともあります。

クレジットカードは?

会社勤めの間に何枚か作っておくのが望ましいですが、管理がめんどうになるので、1~2枚で十分です。

これも会社を辞めてもクレジットヒストリーさえよければ簡単に審査が通ると思います。私は人生でクレジットカードの審査に落ちたことがありませんが、これは引き落としを滞納したことがないからでしょう。

個人情報保護法のせいか、年収はクレジットカード会社も把握するのが困難らしいので、正社員でなくとも属性(会社に所属)があれば問題ないでしょう。

私は会社を辞めてからも何枚もクレジットカードを持てましたので、過度の心配は不要かと思います。

スポンサーリンク

それでも失敗が怖いあなたに伝えたいこと

セミリタイア生活は、何ものにも替えられない自由があります。

私がこうやってブログを書くようになったのも、自由があればこそです。とにかく一歩踏み出してみてください。素晴らしい世界が広がっていますよ。

そうはいっても、失敗が怖いんです!!

大丈夫です。

失敗しても今の日本では、パートタイマーでも住居費さえ抑えれば十分に文化的な生活をすることが可能です。

病気をしても高額医療費制度で月10万円以上の医療費がかかることはありません。

生活保護のセーフティネットも充実しています。都内4人家族なら月28万円も支給されます。

諸外国でここまでセミリタイア生活に適した国はありません。

まさに日本はセミリタイア大国といっていいでしょう!!

あなたがセミリタイアしたいという気があるのならば、勇気をもって踏み出してみることをお勧めします。