【保存版】株の損切りラインの目安は? 2万件のデータで論争に決着をつけた

こんにちは。セミリタイア投資家ののぶた(@nobuta_retire)です。投資歴は10年以上です。

今回は、損切りの目安について解説していきます。

損切りが大事って聞くけど、どのくらいの目安でロスカットしたらいいの?

サイトによって推奨する目安が違うんですけど!!

という人におすすめの内容となっています。

損切りの目安は?

損切りの目安は、ズバリ買値より5%下がったところです。

次のデータは、あるルール(後述)を、過去10年間にわたって繰り返した場合の結果を集計したものです。

それぞれ損切りなし、買値より下落5%、10%、20%、30%、50%で損切りした場合のシミュレーション結果です。

損切なし

取引回数 勝率 平均保有日数 期待値 最大ドローダウン 合計損益
904 78.43% 1115 57.9% 35.61% 3,488万円

買値よりマイナス5%で損切

取引回数 勝率 平均保有日数 期待値 最大ドローダウン 合計損益
6087 19.24% 145 8.71% 29.01% 5,860万円

買値よりマイナス10%で損切

取引回数 勝率 平均保有日数 期待値 最大ドローダウン 合計損益
4229 29.04% 253 15.28% 40.9% 4,659万円

買値よりマイナス20%で損切

取引回数 勝率 平均保有日数 期待値 最大ドローダウン 合計損益
2888 46.16% 462 27.71% 41.66% 5,756万円

買値よりマイナス30%で損切

取引回数 勝率 平均保有日数 期待値 最大ドローダウン 合計損益
2262 58.53% 665 38.2% 35.31% 5,215万円

買値よりマイナス50%で損切

取引回数 勝率 平均保有日数 期待値 最大ドローダウン 合計損益
1421 75.16 946 56.35% 39.62% 5,204万円

これらの結果を見ると、損切りせずに塩漬けしている場合より、損切りしたデータ全てで結果が良くなっています。

そして、その中でも5%で損切りした場合が、合計損益、*最大ドローダウン共に一番良いという結果が出ました。

*最大ドローダウン・・・最大資産から落ち込んだ場合の下落率で、一番大きかった値

つまり次のような結論を導き出すことができます。

ポイント
  • 損切りは必須!!
  • 損切りラインの目安は、買値から5%下がったところ!!
ルールの補足説明
  • 6か月高値を抜けた銘柄を追いかけて買い(一般的なブレイクアウト手法です)
  • 株価が2倍になったら売り抜ける
  • 資金がいっぱいになったら次の仕掛けはしない(=損切りするほどトレード数が多くなる) というルールで検証
  • 1銘柄50万円、総資金4000万円でシミュレーション
スポンサーリンク

【重要】損切りをしてはいけない場合

先ほどは損切りは必須だという話をしました。

しかし、実は株式投資では、損切りしてはいけない戦略のタイプというものがあります。

株式市場が暴落時にバーゲンセールになった時に拾うような、底値を買う(逆張り)タイプの戦略は損切りをしてはいけません。

詳しくは別の記事に書きましたが、底値を拾うような戦略は、損切りすればするほど、損切り貧乏なる確率が高くなります。

因みに今回のトレードの検証にはシステムトレードソフトを使用しています。非常に便利ですので、投資家ならば持っておくことをおすすめします。

システムトレードソフト イザナミ

システムトレードソフトの各社検討記事はこちら

システムトレード【2020年】凡人が株で億り人になる方法は?【システムトレード編】
スポンサーリンク

まとめ

  • 高値を追いかける(順張り)戦略の場合、損切りは必須!!
  • 損切りラインの目安は買値から5%下がったところ!!
  • 安値を拾う(逆張り)戦略の場合、損切りしてはいけない!!